音が高くなると喉が閉まる

音がだんだん高くなっていくと喉が閉まってむせてしまうとか、

ある音程までいくと、もうここが限界・・というように裏声に切り替えてしまうなんてことありますよね。

 

頑張って高い声を出しても、まるでニワトリの首をしめたような

苦しそうな声になってしまう。

悩みの種です。

 

音階というのは当然ですが下から上に向かって高くなっていく。

でも、そのまま「低い音は下の方で、高い音は上の方に・・」といういうように

例えば、床から1mの所がド、床から1m30cmのところがソなどのように

音をその音の高さの「位置」でとらえてしまうと喉は閉まっていきます。

 

だから、音の上下を逆にとらえてみると良いのです。

 

例えば ドレミ〜と音が上がっていく場合、階段を一段ずつ上るように音を上げていくのではなく、

ドよりもレの方が低い音、レよりもミの方が低い音…ととらえて、

口の中や喉の奥も音が高くなるにつれて、下に奥に開いていくようにしましょう。

「ド」という丸くて柔らかいパン生地を、音が上がるにつれて下に、奥に伸ばしていくようなイメージです。

お腹の支えも忘れずに♪